短小ペニスを馬鹿された!

短小ちんこを馬鹿されたら!小さなペニスを馬鹿にするのはなぜ?

短小ペニスを馬鹿にする人は、なぜ小さなチンコを貶すのか?
短小ペニス,馬鹿にする,小さな,チンコ

 

ゼファルリンでペニスサイズアップを目指す事にしたキッカケが、人から
自分のペニスサイズ馬鹿にされたり揶揄われた事がキッカケで、自分
のペニスサイズに短小コンプレックスを持つようになった人もいるでしょう。

 

では、短所サイズを馬鹿にする人は、何故そのような事をするのでしょうか?

 

単に、人格的に問題があるというのもあるかもしれませんが、ことさら
必要に短小コンプレックスをバカにしてくる人には、 バカにしてくる人
自体の方が問題が多いようです。

 

わざわざ、人が嫌がる事をしっていて、というより嫌がるからこそ そーいう
事をするのは何故か?見た行きたいと思います。

 

短小ペニスを馬鹿にするのは、その人がコンプレックスがある

短小ペニス,馬鹿にする,小さな,チンコ

 

基本的に、短所サイズを馬鹿にするという事だけでなく、わざわざ人が
気にしている事を馬鹿にしたり貶してくる人には、その本人が自覚して
いるにしても自覚していないにしても、その人自身が何らかのコンプレッ
クスを抱えています。

 

本当に自分に自信があるなら、わざわざひとのコンプレックスを捕まえて
攻撃する必要はありません。

 

もつというと、「人がコンプレックスをもっている部分を攻撃する事で楽し
んでいるとう感覚で馬鹿にしているのでしょうが、実は馬鹿にする事で
安心しているとも言えます。

 

相対的に自分の優位性を上げようとしている

短小ペニス,馬鹿にする,小さな,チンコ

 

先ほど短所サイズを馬鹿にするような人は自分自信がコンプレックス
を抱えている、自分に自信があるといいましたが、もう少し正確にいう
とこういうことになります。

 

それは、
ひとのコンプレックスを攻撃する事で人を下げて、そのことで相対的に
自分のポジションを押し上げているつもりになっているのです。

 

本当は上もの下もなく、人のコンプレックスを攻撃して相手が困って
いても、自分の価値があがる訳ではありません。

 

いや、むしろ値打ちはさがるのですが、その人自身がコンプレックスを
抱えているからこそ、コンプレックスを馬鹿にすることで自分の価値が
あがあったというよな錯覚を持つのです。

 

自分の弱味やコンプレックスから目をそらそうとしている。

短小ペニス,馬鹿にする,小さな,チンコ

 

ここまで読めばわかりますが、だから自分自身に自信がある人に
とっては、人を馬鹿にする事で自分も価値を上げる必要はない
為に、人の嫌がることとわかっていて人のコンプレックスを捕まえて
馬鹿にする必要はないのです。

 

言ってみれば、あわれで卑怯な人なのです。

 

コンプレックスを乗り越えられるなら無理に増大する必要もない

短小ペニス,馬鹿にする,小さな,チンコ

 

ゼファルリンで増大にチャレンジして、ペニスサイズアップに成功した
今だから言えるところもあり、あまり説得力もないかもしれません。

 

また、
実際にコンプレックスをバカにされても取り合わないで平然としてい
られるなら、わざわざ結構な労力とお金をかけてペニス増大をする
必要もありません。

 

ただ、そうはいっても、やはり短所サイズであることを揶揄われると
悔しいですし、腹も立ちます。

 

普通は、そうだと思います。

 

また、これは私だけの感覚かもしれませんが、なんというか本能的
にとでもいうか、どうもデカいペニスに劣等感を感じます。

 

また、説明は難しいですがオスとしてのヒエラルキーで理不尽な感覚
ですが、負けたというか下位に置かれた気がしてしまいます。

 

頭と理性ではわかっているのですが、なんだか負けた気になります。

 

それでもゼファルリンで増大にチャレンジしたのは

短小ペニス,馬鹿にする,小さな,チンコ

 

私が中高年になって、ゼファルリンで自分とっては大金をつぎ込んでまで
ペニス増大に踏み切ったのには、一つは後悔があるからです。

 

それは、これまでを振り返ることで着替えをするイベントや女性との関係で
短所サイズのコンプレックスを抱えていたことで、消極的になり沢山のチャンス
を逃してきたという後悔があるのです。

 

ちんこが小さくなければ、いや そのことを苦にしていなければ。。。

 

短小コンプレックスさえなけらば。。。。。

 

そういうことで逃してきた沢山あったであろう楽しい体験をのがして
きた後悔は大きいです。

 

たかがペニスサイズ、されどデカペニスはすごい

短小ペニス,馬鹿にする,小さな,チンコ

 

それと、もう一つゼファルリンで増大に成功したからわかった事があります。

 

それは、男にとって、いや、自分にとってペニスサイズ結構重要なもの
だという事です。

 

理屈ではなく、根底から支えられる本能的な部分での自信というのか
説明するのは難しいですが、堂々感が違います。

 

この感覚は、デカいサイズのペニスをもたないと一緒分からない感覚
かもしれませんが、本当にいいものです。

 

一言でいうとデカいペニスはいいぞ!という事でしょうか。

 

一度しかないチャンスを逃しているならゼファルリンで増大挑戦もあり!

短小ペニス,馬鹿にする,小さな,チンコ

 

ということで、まとめると。。

 

あなたが今、短小コンプレックスが原因で楽しい事や嬉しいチャンスを
逃しているならゼファルリンで増大にチャレンジする事をオススメします。

 

もちろん、増大に成功できるならば、他の方法でも他のサプリでもかま
いません。

 

言いたいのはひとつ、あなたが逃しているチャンスは、一生でそれ一度
きりだということです。

 

同じチャンスは二度ときませんし、代わりのチャンスなどありません。

 

そのチャンスは、唯一無二のものなのです。

 

中高年になるまで、逃してきたからそう強くおもいます。

 

時間は有限、逃したチャンスは二度と取り戻せない!

 

>>TOPページに戻る